読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

毎年20~30試合ほどベイスターズ二軍の試合に足を運ぶ我慢強い男のブログ。野球関連の問題提起や将来へ向けた改革提案等も

2軍で頑張ってきた

 

 昨日行われたクライマックスシリーズ第3戦は試合冒頭からテレビにかじりついて応援してまいりましたが、色々あった中でも特に、嶺井選手が放ったレフトへの決勝タイムリーは、言葉に出来ないくらい嬉しいものがありました。

 よく「涙がでるくらい」と形容されますが、本当に涙を流して喜びました。

 

 レギュラーの選手が活躍するのも嬉しいですけれども、今年はほとんど2軍で歯を食いしばって頑張ってきた嶺井選手が打ったからこそ、感動が何十倍にも膨れ上がったのだと思います。

 

www.nikkan-gendai.com

 

 

  湘南ケーブルの馬場さんのツイートやゲンダイさんの記事にも書いてありますが、今シーズンのベイスターズファームで最も努力したと言っても過言でないくらい、嶺井選手は人一倍地道に頑張ってきたと思います。

 

 ベイスターズファームの主催試合でチームが勝利すると試合後にヒーローインタビューを行うのですが、入団からある程度年数が経った選手は面白い話をしたりにこやかに話したりする選手が殆どという中にあって、嶺井選手だけは表情を全く崩さず、一日でも早く一軍に呼んで貰えるよう固い決意を語っていたのが、強い印象として残っています。

 真面目過ぎてつまらないと感じてしまうくらい無骨なヒーローインタビューでしたけれども、1分1秒足りとも慢心しない、嶺井選手のストイックさがヒシヒシ伝わってきました。

 

 昨日の試合後のヒーローインタビューも見ましたけれども、たぶん頭の中が真っ白になっていたのではないでしょうか。インタビュアーさんと言葉が噛み合わない所もありましたけれども、それくらい必死になってプレーしていたのだと、微笑ましく思いました。

 

 こういう選手がいるからこそチームが強くなるんだと、改めて心強く感じました。

 

 嶺井選手に盛大な拍手を贈りたいと思います。

 

 

                 ■

 

 昨日はリリーフで登板した田中健二朗選手が、代走で登場した鈴木尚広選手を牽制球で仕留めるビックプレーでチームを勢い付けてくれました。気合の入ったピッチングも、それこそ往年の木塚敦志さんの魂を受継いだかのように、炎がメラメラと燃えたぎっているのがテレビ越しでも伝わってきました。

 

 田中健二朗選手も2軍暮らしの長い選手でした。

 

 もう何年も前になりますが、当時1軍と2軍を行ったり来たりしていた田中健二朗選手が平塚球場の監督室で1軍昇格を言い渡されて、暗い顔で部屋から出て来る場面に、たまたま僕が居合わせた事を思い出します。

 なぜ僕がそこに居合わせたのかといいますと、ベイスターズファームで行っていたヒーロー選手のサインボールプレゼントの抽選に当選して、球団職員さんの誘導で関係者専用の通路を通って平塚球場のグラウンドに移動する途中だったからです。

 

 普通は1軍昇格を言い渡された直後とあれば、喜色満面とか、飛び上がって喜んでいる姿をイメージするものですけど、あの表情を見た限り、当時の田中選手がそういう心境になかったのは、たぶん間違いないと思います。

 あの時に田中健二朗選手が1軍昇格を言い渡されていたと僕が知ったのは翌日のことでしたから、あの表情を見た瞬間は「監督に怒られてシュンとしてるのかな?」くらいに思えたものです。

 

 元々才能が高く評価されていたからこそ高校生ドラフトで1位の指名を受けたわけでして、そこから故障もあったにせよ、せっかくの才能がありながら飛躍を阻んだ一番の要因は、気持ちの問題が大きかったのではないかと思います。

 それが今では表情が全く別人のように精悍になって、逞しくなったなぁと、我が事のように嬉しく感じています。

 

 これから先、リリーフを続けるのか先発に戻るのかわかりませんけれども、もう彼の飛躍を阻むものは何も無いのではないでしょうか。ますますの活躍を期待します。

 

 

                  ■ 

 

 

 今年ようやくその実力を評価してもらえるようになった宮崎選手もそうですが、2軍で頑張っていた選手が1軍の試合で、2軍の何十倍もの人数のお客さんを前に活躍する姿を見るのは、本当に言葉に言い表すのが難しいくらいに、とても嬉しいことです。

 

 プロ野球選手とて僕達と同じ人間ですから、ただ練習や年数を重ねれば単純に上達するというものではなく、様々な紆余曲折を経て、何人かに1人くらいが1軍で日の目を見るという事でしかありません。

 

 努力をすれば必ず結果につながるという単純なものではないけれども、努力をしなければ結果につながらないのであって、見ている側としても、やっぱり結果に結びついた瞬間の嬉しさは格別です。

 

 そりゃー入団1年目からサクサク活躍してくれたら苦労もありませんけれどね、2軍で殆ど誰も見ていないような所で地道に頑張って、それでようやく結果を残した喜びは、何者にも代えがたいです。

 

 

 2軍にいる若い選手たちにも、嶺井選手や田中健二朗選手の生き様をしっかりと見ておいてもらいたいものですね。

 

 

以上