読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

毎年20~30試合ほどベイスターズ二軍の試合に足を運ぶ我慢強い男のブログ。野球関連の問題提起や将来へ向けた改革提案等も

2014年8月27日 日ハムvs横浜DeNA (平塚) の感想

 今日の横浜市は雨が降ったりやんだりと天気が優れず、そんなには離れていない平塚球場の試合は出来るだろうかと不安に思いながらも球場に向かいました。藤沢市を通過しているくらいで雨が強くなりましたが、茅ヶ崎市あたりで雨がやみ、平塚球場も問題なく試合が行われました。

 平塚球場はバックネット裏上段のかなり広い範囲に甲子園の銀傘のような屋根がかかっていますので、もし試合中に雨が降ったら屋根の下で見ればいいというのがこういう天候の際にありがたい点です。

 それでは今日のスターティングオーダーです。

 ベイスターズが加賀美投手、日ハムは新垣投手です。

 まずは加賀美投手についてですが、今日はいつにも増して平塚球場のスピードガンが不調で速度表示をしてくれない事が非常に多かった為、球速がどれくらい出ていたかよくわかりませんでした。5回を投げて被安打が6か7くらいで被本塁打が1、計2失点だったと思います。加賀美投手が投げていた時間帯は雨がほとんど降っておらずグラウンドコンディションも良かったと思います。持ち前のチェンジアップも目立つところはなく、まだ1軍復帰は程遠いかな、という印象を受けました。

 一方の日ハム新垣投手について。今年これまで4回くらい新垣投手を見てきたと思います。僕が子供の頃に、見に行った川崎ロッテの試合で園川投手の先発によくあたっていたのが思い出されます。ファームでは毎回安定したピッチングでゲームを作る新垣投手は今日も8回を投げて2ランホームランの2失点で片付けました。1軍では去年今年と1試合づつしか投げていないようですが、1軍だとビビってしまうタイプなのでしょうか。

 ベイスターズ打線は連日のように二桁得点をマークして調子の良い所を見せていましたが、今日は空模様と同じく湿りがちで、8回まで井手選手がライトのポール際に放った2ランホームランの2点しか取れませんでした。クリーンナップはいずれもヒットが出ているのですが、ちょっとつながりを欠いたかなという印象です。裏を返せば新垣投手が要所を締めたという事かもしれません。

 それにしても井手選手はここ3試合連続してのホームランで、とても調子が良さそうです。

 ベイスターズの加賀美投手の後を受けたリリーフ陣は1人1イニングづつで小杉→田中→小林寛→萬谷と続きました。4人共そつのないピッチングで0点に抑えてくれましたが、中でも萬谷投手がここでは格の違いみたいなものを見せつけてくれたと思います。

 試合の方は2対2のまま9回裏に突入し、日ハムは二番手の金平投手。先頭の渡邊雄貴選手がフォアボールを選んで出塁し、飛雄馬選手がしっかり送って1アウト2塁、赤堀選手は敬遠のフォアボールで塁が埋まって、8番西森9番乙坂の連続ヒットでサヨナラ勝ちと相成りました。

 ここ最近勝ち試合ばかりで勝利のありがたみが薄れているというと贅沢ですが、8回から降り始めた大雨の中、全選手が集中力を切らさずによく頑張ってくれたと思います。

 ちょっと風邪気味な気がしないでもないのでいつも以上に中身の薄いレポートになってしまいましたが、明日も平塚球場で試合が行われますので、皆様も是非足を運んでみてはどうかと申し上げて今日を締めくくりたいと思います。

以上