読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

毎年20~30試合ほどベイスターズ二軍の試合に足を運ぶ我慢強い男のブログ。野球関連の問題提起や将来へ向けた改革提案等も

元プロ野球選手のトークショー

 

f:id:suguru0220:20170331121225j:plain

 

 こんにちは。イースタンリーグが開幕してから半月近く経つのに1試合も見に行けていない僕ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 月金はデーゲームだから見に行けず、土日は遠くでビジターだから見に行けず。そんなこんなで今週末(利府)も見に行けないでいます。開幕からまる3週間も土日の主催試合が無いとはどういう事でしょうか。一体誰がこんないびつな試合日程を組んだのでしょうか。憤懣やるかたないとはこのことです。

 

 さて、どうでもいい前置きはさておき、昨日東京の新大久保で行われた、元プロ野球選手が2名参加したトークショーを見に行ってきました。

 元ベイスターズの渡邊雄貴さん、元マリーンズの山本徹矢さんの2名が元プロ野球選手で、スポーツライターの花田雪さん、そしてチケットに写真が載っているお笑い芸人の3名、総勢6名の出演者で行われました。

 

 僕がこのトークショーに興味を持ったのは、引退を表明して以降の状況がうかがい知れなかった渡邊雄貴さんの様子を見に行こうと思ったからであります。

 

                ■

 

 

 このトークショーは今回が初めての試みだったそうで、始めはフラフラの立ち上がりという塩梅でした。お笑い芸人の方がなんとか場を盛り上げようとするもうまくいかず、さしずめ制球が定まらない先発ピッチャーの様相を呈しておりました。

 

 そこから徐々に、高校野球時代の強豪校の内情みたいなものを話し始めた所からようやく調子が出てきて、やがて場が盛り上がって話題も尽きなくなって終了時間まであっという間に時間が過ぎ去った、という流れでした。

 

 渡邊雄貴さんからは、ベイスターズ選手時代の選手同士のやり取りの思い出話が出てきました。

 

 モスコーソ選手が少し怖いネット動画を面白がって見ていた。重量挙げの選手が腕が反対方向にひしゃげてしまう怖い場面を大笑いで見ていて、ちょっとゾッとした。

 

 梶谷選手とは特に仲がよく、お酒を呑んではお互いの頬を引っ叩きあったりした。

 

 筒香選手は野球以外の様々な面においてもすごい。神。

 

 他にも色々あったと思いますが、僕もビールを飲みながら聞いていたので所々記憶の復旧作業に手間取っております。

 

 あとは、こういうトークショーにはつきものの質問コーナーがありましたので、僕から渡邊雄貴さんに1つだけ質問をしました。

 「大村巌さんが指導者でおられた時とそうでない時で成績が随分違ったが、やりやすさやりにくさの違いはあったか?」という質問です。

 それに対し渡邊雄貴さんのコメントは「大村巌さんが2軍監督の時には予め出番の有無を教えてくれたのでやりやすかった。自由にやらせてくれた。大村巌さんが指導者でない時代は、選手起用が多少偏っているように思っていた」という趣旨のものでした。

 

 僕は当初はどストレートに中畑さんは好きか嫌いか聞こうとも思ったのですが、そもそも渡邊雄貴さんは1軍の公式戦には出ておらず、ここで変な爆弾発言でもさせて後の人生に影響を及ぼしてもマズイと考え直し、それで上記のような質問をしました。

 

 お酒が入ってはいたものの、それにしても大人の回答だったと思います。上から目線のようになってしまいますが、これから社会人として生きていくためには言葉を選ぶ技術が必要になりますが、その点においては年齢相応に出来ていると、安心しました。

 

 なお、渡邊雄貴さんはこれから東京の広尾でスポーツジムのようなものを開くと話していました。ちょっと特殊な、電流を流して行うトレーニングだそうです。詳しくは渡邊雄貴さんのツイッターをご参照ください。

 

 

 山本徹矢さんは、現在はテレビ番組の製作会社で働いておられるそうで、すっかり「ギョーカイ人」っぽくなられました。こう言っては失礼かもしれませんが、この人が元プロ野球選手だったと言われても、あまりそんな感じのしない、むしろ昔からテレビ業界で働いていたオーラすら感じました。

 

 山本徹矢さんの思い出話で記憶にあるのは

 

 カルロス・ロサ選手と一緒に食事に行った。しかし言葉が全く通じなかったので苦労した。

 

 グライシンガー選手はベジタリアンか?と思うくらい野菜ばかり食べていた。

 

 対戦したバッターで一番すごいと思ったのはソフトバンクの内川選手。どこに投げても打たれると思った。

 

 金泰均選手はあまり同僚選手と打ち解けていなかった。くだけた挨拶(イェーイ!みたいな)をしても愛想笑いで軽く返してくるだけだった。

 

 といった所でしょうか。山本さんは元々喋りが上手な方だったのかもしれませんが、本当にテレビ番組の一出演者のように手際の良さを感じさせられました。

 テレビ業界に入ってもう3年も経つと言いますが、セカンドキャリアの面でかなりの成功例なのではないかと僕は思います。

 

 渡邊雄貴さんと山本徹矢さんはこのトークショーの定期メンバーというわけではないらしく、次回は文化放送ライオンズナイターでおなじみの中川充四郎さんがご出演なさるのだそうで、皆様もご機会があればぜひどうぞご検討いただければと思います。

 

               ■

 

 

 元プロ野球選手のトークショーという事で僕が思い出すのはこの時です。

 

www.plus-blog.sportsnavi.com

  湘南シーレックスの頃からファームの試合を見に行っていた者としては垂涎モノのトークショーでした。

 試合開始前の短い時間でちょこちょこお話をされて、質問コーナーもありましたが、時間が足らないなぁと当時僕は思いました。

 

 僕以外の観覧者の表情などを見ていても皆さん非常に満足げでらっしゃいましたので、こういうメンバーのトークショーも世の中には根強いニーズが有るのではないかと、そのように考えています。

 

 

                ■

 

 

 今日からプロ野球1軍の公式戦が始まりますが、オフの間は野球に飢えていたファンの方もさぞや多かったでしょう。

 

 ちょっと気が早いですが、今オフくらいからこういった元プロ野球選手が参加されるトークショーがもっとたくさん開催されると良いのになと、そんな風に思いましたね。

 

 

以上