読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

毎年20~30試合ほどベイスターズ二軍の試合に足を運ぶ我慢強い男のブログ。野球関連の問題提起や将来へ向けた改革提案等も

明日はファームの最終戦!

 まずはセリーグ優勝を決めたジャイアンツやファンの皆さんおめでとうございます。いつものことではありますが、何度見ても涙がこみ上げてきます。今日もテレビで原監督のインタビューを眺めながら、どうしていつも優勝争いにかすることさえ出来ないんだろうと悔しく思いました。

 ですが、もう気持ちを切り替えなければなりません。なんといっても明日9/27はベイスターズファームの今シーズン最終戦が行われるのです。枕を涙で濡らしている場合ではありません。グズグズ考え事をして寝付かれずに、肝心な明日の試合で寝坊するわけにはならないのです。

 しかし、毎年のことながら本当にあっという間にシーズンが終わってしまいます。

 今年の春、ヤクルト戸田球場で今井金太選手とモスカテル選手のバッテリーで開幕戦を迎えたのを、まだ昨日の事のように思い出せるのです。そのモスカテル選手は今日、野球選手を引退すると発表がありました。まだ23歳、野球をはじめて8年しか経っていないそうです。小学3年で野球を始めた僕にとって高校1年で野球を辞めてしまうくらいの、実に呆気ない野球人生です。こうなるに至った、今季あまりの出場機会の少なさを少し恨めしく思ったりもします。

 そういった、「今日で最後」な選手が勢揃いに近いくらいのペースで出場するのはファーム最終戦の習わしみたいな所があって、ですから僕は毎年欠かさずこの試合だけは見に行くようにしています。

 1軍の選手はファンの皆さんからも名前を覚えてもらっていいかもしれませんが、横須賀スタジアムで最後を迎える選手の中には、ベイスターズファンですら顔と名前が一致しないような、無名のまま終わる選手も少なくありません。その選手たちに力が足らなかったのが仕方ないのだと言えばその通りですが、それでも彼らだって立派なプロ野球選手です。僕らが子供の頃から憧れた野球選手になった、雲の上の人たちです。

 ですから、彼らが本当にプロ野球選手なんだぞと、それを証明する姿を、しかとこの目で見届けていきたいのです。

 僕は毎試合のようにベイスターズファームの試合も見に来てくださいと呼びかけ続けてきましたが、明日の試合こそが1年のうちで最も見に来て欲しい試合です。その理由は上に書いた通りです。無名の選手に「よくやった!」と万雷の拍手を送ってあげられるのは、明日の横須賀スタジアムしか無いからです。

 どうか皆さん、明日の横須賀スタジアム14時プレイボールですので、お時間を作って足を運んでいただきたいと思います。

以上