読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベイスターズを二軍中心に見守るブログ 本店

毎年20~30試合ほどベイスターズ二軍の試合に足を運ぶ我慢強い男のブログ。野球関連の問題提起や将来へ向けた改革提案等も

記憶に残る史上最低の試合

思い出系

 今日は相模原球場で行われるファームの試合を見に行くつもりでいたのですが、出発前の空いた時間にちょっとのつもりで昼寝をしたら、気付いたら6時近くになっておりまして、やむなく断念となりました。仕方なく自宅のテレビで1軍のヤクルト戦を見ることにしました。

 それにしてもしんどい試合だったと思います。今日はスターナイトというイベントで満員のお客さんが詰めかけていたそうですが、その満員のお客さんを前にして、これ以上ないくらいしんどい試合をやってしまったと思います。TBSテレビの実況アナウンサーが過去2年のスターナイトは6戦全敗だったと紹介していましたが、見事に7連敗に数字を伸ばしてしまいました。

 それからしばらくして食事をするために街を歩いておりましたらば、真新しいスターナイトのレプユニを身にまとった男性が生気を失ったかのような顔をして家路を急いでおりまして、そのまま倒れてしまうのではないかと心配になるほどでした。心の中で「お気の毒でした」と慰めの言葉をかけておきました。

 僕の家の近所は熱狂的な野球ファンが多いらしく、今日はベイスターズ以外に巨人のレプユニを着た男性も見かけたのですが、先ほどのスターナイトの男性とは打って変わって満足感に満ち溢れた表情で力強く歩いておられましたので、野球ファンというのはなんともわかりやすい人種だなぁと実感した次第です。

                       ■

 さてさて、今日のベリーバッドなスターナイトゲームにちなんでと言いましょうか、そこで思い出した、僕がこれまで見てきた中で最も酷いと感じたイースタンの試合の思い出を書きたいと思います。

 その最も酷いと感じた試合とは、2011年のイースタンリーグ開幕戦、横須賀スタジアムで行われた西武とベイスターズの試合でした。

 2011年と言えば皆さんもよくご存知のように東日本大震災があった年です。この年は被災者や被災地への配慮もあって1軍の開幕が順延になったのですが、ファームの公式戦はほぼ予定通り粛々と行われました。それで、実戦感覚を失わないようにするためという尾花1軍監督の発案で、この日の試合はイースタンの試合ながら、ベイスターズのみほぼ1軍のフルメンバーで挑むことになりました。

 先発ピッチャーはベイスターズ山本省吾投手、対する西武は野上投手でした。

 相手の西武は純然たる二軍メンバーでしたから練習試合感覚でも楽に勝ってしまうだろうと、僕は悠々と構えて見ていたのですが、それは大間違いでした。ベイスターズ先発の山本省吾投手が初回から盛大に打たれまくり、一軍の正捕手として期待された武山選手は西武のルーキー秋山選手に余裕でスチールを決められる、のっけから酷い試合展開になってしまいました。

 その試合の短いyoutube動画が見つかったので載せておきますイースタンリーグ開幕戦 横浜対西武 2

 打つ方も酷いものでした。西武先発の野上投手は当時はまだ1軍定着もできていない頃だったのですが、4番の村田選手を筆頭に徹底して封じ込められました。結局野上投手は6回か7回くらいまで投げて、ベイスターズ打線は手も足も出ない有り様でした。リリーフで出てきた星野智樹投手を相手にかろうじて一矢報いる程度の反撃しか出来ず、攻守に渡りこてんぱんにやっつけられてしまったのでした。

 普段僕はファームの試合の勝ち負けにはこだわらないで見ているのですが、さすがに1軍フルメンバーで挑んでこれだけの大敗北を喫するとは思ってもみませんでしたし、これがキッカケで山本省吾投手がものすごく嫌いになってしまいました。寺原選手と1対1の交換トレードで獲った選手がこれかと、腸が煮えくり返る思いでした。結局1軍でもこれといった活躍ができずじまいでしたけれども、これがその序章でした。

 これと比べれば藤井投手がいきなり初回先頭から7連打を浴びて10失点KOされてもそんなに腹も立ちませんし、北方悠誠投手がデビュー戦で全くストライクが入らずに大わらわになっても寛大な心で見守ることが出来るというもので、とにかく腹立たしい試合だったと記憶しています。

                       ■

 ちなみに全くの余談ですが、この時西武で先発していた野上投手が最近プライベートで賑やかなようですけれども、そのお相手の元モー娘。石川梨華さんと言えば、ベイスターズ総合練習場がある横須賀市田浦の出身者であります。超のつく地元の人で、追浜出身の知り合いによれば昔から田浦の美人姉妹として非常に有名だったのだそうです。が、しかし、超のつくベイスターズ総合練習場の地元民なのに、当の石川さん自身は阪神ファンという残念な話もあります。

 野上投手も横須賀市日産自動車野球部出身ですから、我々ベイスターズ二軍好きとしては他人事とは思えないカップリングだなぁと思うわけですが、いかがなものでしょうか。

 というわけで今日は与太話をさせていただきました。

 明日は待ちに待った古木克明さんと桑原義行さんのトークショー@平塚球場ですよ!

以上